きいろとみどりのひよこ。

ゆるい絵と、初心者向けお絵描き講座をこつこつ更新中

Twitterモーメントが便利!ポートフォリオ代わりに使ってみよう

eye_catch

こんにちは、キミドリです!

 

Twitterをされている絵描きの皆さん、「モーメント機能」って使ってますか?

恥ずかしながら私は、こんな機能があることすら今日初めて知りました…( ' ω ' ; )


  • 投稿した過去作品を1つのページにまとめられる
  • 投稿日時に関わらず、好きな順番に並べられる
  • 作成したモーメントはツイートで共有できる

などなど。


  • いいねやリツイートに埋もれて、自分の作品を見てもらいにくい…
  • ツイートでは最大4枚しか添付できない…

こんな悩みが、モーメント機能を使うことで解消されました!

この感動を皆さんにお伝えするべく、今回はその使い方をご説明します🐣

 

モーメント機能って?

過去ツイートをまとめて、カテゴライズできる機能です。

実際につくってみたものがこちら↓

https://twitter.com/i/events/1272376939186020353?s=13

できること

自由が効いて、操作もとてもわかりやすかったです。


  • 自分/他人のツイートにを100件まで追加可能
  • タイトル/説明文/カバー画像の設定
  • 公開/非公開
  • ツイートの並び替え
  • つくったモーメントをツイートで共有

活用方法


  • 過去のイラスト投稿をまとめてポートフォリオ代わりにする
  • 気になるツイートをまとめてメモ代わりにする

など、色々と活用の幅がありそうです。

モーメントを共有して固定ツイートにしておくと、自分の作品を見てもらいやすくなりますね。

 

プロフィールの「ツイート」や「メディア」って関係ないものも表示されるから、見てほしいイラストだけを溜めておけるのはありがたい!

モーメントを作る方法

モーメントはアプリからは作成・編集できません。

今回はPCでの作成方法をご説明します。

 

デスクトップ用のWEBサイト表示に切り替えれば、スマホからでも作成できるよ!
でもちょっと少し操作し辛かったから、あまりオススメはできないかも…

ブラウザからログイン

まず下記URLからツイッターにログインします。

https://twitter.com

 

モーメントを新規作成

画面左メニューバーの「もっと見る」から「モーメント」選択 ⇒ 右上マークから新規作成

 

image

image

ツイートを追加

まずはツイートの追加から。

画面下に過去ツイートが表示されており、「アカウント別ツイート」で自分のツイートのみを表示できます。

 

image

 

 

各ツイート横にあるチェックマークをクリックするとモーメントに追加されます。

これを繰り返していきましょう。

image

 

並べ替え・削除

追加するとツイートの右上にマークが現れます。

image

 

ここで順番を入れ替えたり、不要なツイートを削除したりできます。

もちろん元の投稿には何の影響もないのでご安心を!

 

また並び順については、画面左上のこちらで一括変更も可能です。 

image

タイトル・説明・カバー画像を設定

最後にこの3か所を設定します。

カバー画像は追加したツイートの画像からも選べますし、新たにアップロードも可能です。

 

image

モーメントを公開する

最後に右上の「公開」ボタンを押します。

 

image

 

トリミングが必要な画像がある場合はメッセージが表示されますので、トリミングをするか、「画像全体を表示」にチェックを入れましょう。

 

まだ公開したくない場合は、「後で」にすると下書き保存ができます。

デメリット

ちょっと不便だなと感じたことです。

とはいえメリットの方が大きいのであまり気にならない、というのが正直な感想です( ^ O ^ )笑

アプリからは作成・編集ができない

やはり普段使うアプリからひょいっと操作できると、さらに便利だなと思います。

表示を切り替えることでスマホからもできますが、WEB用の表示なので少し見づらい部分もありました。

編集画面ではかなり昔のツイートは遡れない

編集画面でツイートを追加する場合、私の場合は4日前までしか遡ることができませんでした。

(これは”ツイート数”なのか”日数”なのか、どっちの制限なんだろう…)

 

表示されない過去のツイートを追加する場合


  1. プロフィールなどから該当のツイートを遡る
  2. ツイートのリンクをコピー
  3. モーメント編集画面の「ツイートへのリンクから」で追加

これを一件ずつ行うので、数が多いとけっこう重労働です…。

【まとめ】作品をもっと皆に見てもらおう!

デメリットもあげましたが、モーメントをプロフィールに固定しておくと、訪れた人に自分の自慢の作品たちを見てもらいやすくなります。

 

自分の作品をまとめる・アピールする方法の一つとして、今回ご紹介したモーメント機能をぜひ使ってみてくださいね( ^ O ^ )